2010年09月22日

プチ・ティーザー告知

2010.10.27 Release
石原じゅんこ & 国安修二
「何も始まらないなら」



まだ、

巷のラジオやらTVやらでは 恐らく流れてなさそーなので

弊社各チャンネルが全国初?のオンエアではないかと・・・



・・・・・かつて、有線大賞の各賞を 

2年連続で受賞したアノ歌声の主がメジャー復活です☆

しかも「じゅんじゅん」とのコラボとは!

じゅんじゅんマニアな全国各地のラジオ媒体のおっさんP達も
さぞやお喜びの事でしょう。。


で、弊社ですが、、

全国の「リクエストch」ではもう楽曲登録完了しました!

もう聴けますよ。

びしばし電話かけてくださいー


もしくは、

今週25日(土)の深夜0時からスタートの

週間有線演歌チャートch でも

びしっと流れます☆


そして更に

来月10月1日スタートの

「大人のJ-POP」でも、

超ヘビーローテーションでがっつりオンエアします!


先取り気分で、年末の嵐になるかもしれないこの曲

是非聴いてください。



ぶっちゃけ

この際

CDショップで試聴するなり

かかってなければ店員にしつこく頼むなり

「YOU TUBE」でもなんでもいいから各種サイトを探して聴くなり
※そのうち登場するでしょう・・・

なんでもいいから、じっくり聴きこんでみて!

ほんとにマジで。



2010.10.27 Release
石原じゅんこ & 国安修二
「何も始まらないなら」

石原じゅんこ(石原詢子)、
11年ぶりのデュエット・シングル。
デュエット相手には有線放送から大ヒットとなった「ねぇ」を歌った、国安修二。
楽曲は1994年に国安が発表した「何も始まらないなら」をカヴァー。
終幕を予感しつつも揺れ動き、交錯する男と女の切ないシーンを、まるで映画のワンシーンのように歌い、今もなお名曲と語り継がれている。
同じレコード会社の先輩でもある国安修二の歌声を耳にした石原が、彼の歌声とそのメロディーに惚れこみ、熱いラブコールで実現した今回のユニット。
悲しくも切ない心情を歌う、二人の絶妙なハーモニーに注目です。
新たな魅力を発する石原じゅんこと、甘い歌声の国安修二の“夢のコラボレーション”。
この秋、新たなドラマがこの歌から始まります。

石原国安.JPG


真面目に

かつての名曲「愛が生まれた日」以来のヒットになるかもです☆



では、なつかしのこの曲を。

全く知らない人は、予習していただければと。。





BK
ラベル:コレクル
posted by Staff at 16:09| 東京 ☀| 部長K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

スーパーヒロインタイム2010秋

というわけで、タイトル通り。

日曜は、ビッグサイトで「スーパーヒロインタイム2010秋」がありましてね。

行ってきたわけです。

ヒロイン1.jpg

このイベント、PIO(大田区産業プラザPIO)や都産貿(東京都立産業貿易センター)で、
同人イベントを開催する主催が集まって、「共同でスーパー女の子ジャンルを盛り上げね?」
ということで始まったもの。

それで、ビッグサイトの東3ホールで行ったわけ。

あと、同時開催として「リリカルマジカル10」もありましてね。
そっちも行きました。まぁ〜同じ東3ホールだからね。
リリカルマジカルだから、も〜わかるよね。

ヒロイン2.jpg

それでは、各SPの結果を。

<スーパーヒロインタイム2010秋>

●山猫BOX
もちろん、一発目。
コピー本をGET

●MIX★PUNCH
ペーパーのみ、あと例のものを頼みました。
有難うございます。

●GUNP
今回の新刊と夏コミで販売した分も持って来ていたので、それもGET
夏コミ買えなかったからね。良かったよ〜。



<リリカルマジカル10>

●うぱ小屋
イラスト集をGET

●PLUM
新刊をGET

●ロマンティック身体検査
初め行ったら、いなかった。。。
落ちたかと思ったけど、午後2時ごろ行ったら、列が出来ていた。
カラーコピー本をGET


これで全部。
あとは、再度山猫BOXさんのSPに行って、みんなでまったりとおしゃべり〜。


今回、入場が抽選入場だったので、朝もゆっくり行きました。
当日にカタログも買って、隣の東4ホールでテキトーな場所で待機。
10:30ごろ列形成開始。このときに「A〜G」(だったけかな?)に、好きなところに並ぶ。
並び終わった後、先頭の人がくじを引き、入場順を決める。
これが、抽選入場。公平な入場のしかたですね。
私と友人は、C列に並ひました。結果は、3番目。
なかなか良かったです。


あと、この日は、良い事がありました!
MIX★PUNCHさんの例のものが完成するのを待っている間、一度会場を出て、
エントランスで休憩がてら、ブラブラしていたら、エントランスにあるサービスコーナーで、
なんと!「梅酒 うめ物語」があったんです!
この「うめ物語」も〜みんな知ってるだろうけど、「コみケッとスペシャル5 in水戸」
を記念して作られたもの。イラストは「蒼樹うめ」てんてー。
コみケッとの時、買えなくて、残念な思いをしたんですが、まさかここで出会えるとは!
ソッコー買いましたよ!嬉しかった〜!
ちなみに、帰るとき再度見たら、完売していました。


ヒロイン梅酒.jpg

あ、画像左に「ひだスケBD第5巻と第6巻」が。


ということで、うめ物語含めて、いいイベントでした。
また、こういう合同オンリーをやってほしいですね。会場も家から近いしf^^"


それでは、アリーヴェデルチ!


運用課オジー
posted by Staff at 11:29| 東京 ☀| 運用課オジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

これはショーゲキ!

もう何が本物か分らない(汗)
目で見えるモノがリアルとは限らないですね。
もう何がCGやらさっぱり分らん〜ー(長音記号2)

(番編湯)



しょ、しょ、しょうげきっ!!!むかっ(怒り)
米海外ドラマラバーな私には少々刺激が強すぎて・・・
過去に見たトラマのワンシーンがまさかCGだったなんて。
CSIはほぼCGなんてことないですよね?!

(運用課はるまり)







posted by Staff at 12:24| 東京 ☀| 番編湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

JRAヲタ いや ネタ

オグリキャップ.jpg


鳥居滋夫
盛山毅
杉本清
堺正幸
小林雅巳
白川次郎


最近また、昔の競馬の映像を見ているのだが、やっぱ昔の競馬は見ていて面白い。
レースはもちろんだが、実況もいい。馬名もかっこいい。


上に挙げた人たちは、私が好きな競馬実況アナウンサー


鳥居滋夫氏は天才といって良い。
それだけ、彼の声は心地よく、わかりやすい。
ほんと競馬実況向きの声
シンザンが5冠を達成した有馬記念の実況での「シンザンが消えた!」は名言。
でも、トウメイが勝った牝馬東京タイムズ杯と、同じくトウメイが勝った有馬記念、
スピードシンボリが8歳の時に勝った有馬記念の実況が、私の中では一番好き。


盛山毅氏は、独特な声のせいか、印象に残る。
彼の声も競馬実況向き。
ミスターシービーが買ったダービーの実況と、
カブラヤオーが勝った皐月賞とダービーの実況が好きかな。
「カブラヤオー強い!カブラヤオー強い!菅原見事優勝ー!」
「ガブラヤオー頑張れ!」
この2つは、私の中では名言。
まぁ〜この2頭自体好きな馬なんだけどね。シービーは、写真集やVHS持ってるし。
あと、タケシバオーも好き。だって、1200〜3200のオールマイティーなんだもん。最強です。


杉本清氏
説明しなくてもわかりますよね。競馬実況の巨匠です。
私の中で好きなのは、サクラスターオーが勝った菊花賞
「菊の季節にサクラ!菊の季節にサクラ! サクラスターオーですっ!」
ナリタブライアンが3冠を達成した菊花賞
「弟は大丈夫だ!弟は大丈夫だ!」
古馬になって強くなり、念願のタイトルを手にしたタイテエムの天皇賞(春)
「無冠の貴公子に春が訪れます!」
桜花賞を制した、快速娘テスコガビー
「後ろからはな〜んにも来ない!」
他にも色々と名言を残していますがね。


堺正幸氏
彼が実況すると荒れる。これ有名。例えば、
1985年の天皇賞(秋)のギャロップダイナ、1991年の有馬記念のダイユウサク
もれなく名言付き。
「あっと驚くギャロップダイナ、根本康弘!」
「なんとびっくり!ダイユウサク!」
でも、一番好きなのはこれ。
「トウカイテイオー奇跡の復活! 1年振りのレースを制しましたトウカイテイオー!田原成貴!」
やっぱこれっしょ!


小林雅巳氏
ラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)のアナウンサー
これといって名言らしい名言は言ってないけど、彼の声が好きなんですよね。
彼が実況していると、なんか見てしまう。
一時期、ヲタより競馬が趣味として先行していた時期があり、馬場にも行っていたが、
彼が実況担当日と当たると嬉しかったですね。


白川次郎氏
ラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)の元アナウンサー
小林氏同様、声が好きですね。あと、何と言っても「あと100!」ではないでしょうか。
これ以外にも「さぁ頑張るぞ!オグリキャップ!」ですよね。
フジテレビの大川アナウンサーのオグリキャップの実況も有名ですが、
白川氏の実況も有名です。



こー書いていると、やっぱ古いっすねぇ〜f^^"
最近の競馬はよくわかりませんが、昔の競馬はよく覚えています。
ヲタとほぼ同時期に好きなった競馬。
きっかけは競馬育成シュミレーションゲームをやりはじめてから。
好きになった時、活躍していたのはナリタブライアンでした。
なので、この目でブライアンの3冠達成を見ています。
今も昔も、「このレースはすごいっ!」と思っているのは、平成8年の阪神大賞典
マヤノトップガンとナリタブライアンとの勝負。
第3コーナーに入るちょい前あたりで2頭が並び、そのままゴールまで2頭の一騎打ち。
これは興奮しましたね。田原トップガン・武ブライアン
昭和52年のトウショウボーイとテンポイントの一騎打ちを思い出した人もいたのでは?

競馬は、めっきりやらなくなりました。ゲームはたまにやりますが。
2001年のテイエムオペラオーを最後に、ほとんど見なくなりましたね。
なので、それ以降のレースの印象はあまり無いです・・・。思い出せないし。
馬券はCANに入社した2006年まで買ってましたが、今は買ってもいません。

ということで、たまにはヲタ以外のお話でもと思い書きました。
それでは、アリーヴェデルチ!

運用課オジー
posted by Staff at 11:21| 東京 ☔| 運用課オジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

あぁあぁあぁ〜ふぅ〜れぇんこぉぅ〜

個人的に

かつて某局のフロアでよく見かけてた「風蓮湖くん」が

ぴかぴか(新しい)10万枚突破ぴかぴか(新しい)

とゆーことで

こいつはめでたいということで

「あえて」ブログでも掲載します m(_ _)m


まさにザ・演歌的というか

VEさんの「お得意の演出」ですなぁグッド(上向き矢印) 

昔のサザンもそうだったなぁ

なんか歴史を感じますわーい(嬉しい顔)

山川恵介.jpg


演歌のお仕事って、

ギョーカイ新入社員的にはまさに「教育研修」そのものなんですよ、実は。

人事のカリキュラムにしてもいいくらい。。

演歌をバカにする奴は、査定Eですバッド(下向き矢印)

山内恵介2.jpg

最近

知り合いの音楽専門学校の先生が、「教え子の就職先が無い〜」と日々嘆いてますが

大手ばっか狙うんじゃなくて、演歌系事務所の下働きなら結構あるもんです。


「風蓮湖くん」みたいな若手を担当して、一緒に育っていくのはかなり醍醐味あります。

是非、そういう方向転換で学校運営してくだされ、Mさん。


そんな「風蓮湖くん」のNewsはココです!

是非ご一読をひらめき

http://www.music-lounge.jp/v2/articl/news/detail/?articl=2010/09/14-09:40:00_cc724ce766e3b48a16ddd504f77fd579

山内STV.jpg


BK
posted by Staff at 14:41| 東京 ☁| 部長K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。