2010年03月05日

冬の中 温かい時間

はるきぽえむ1.jpg


三人で歩き 


笑う顔をあげるとそこに


冬に咲く 春の花



私も花のように強くなりたい



運用課はるまり
posted by Staff at 12:54| 東京 🌁| 運用課はるまり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソラニン!

ソラニンコミックス.jpg

先日、番編matsuさんからお借りした(借りっぱなしですんまそん;)浅野いにおのコミックス「ソラニン」。

泣きました。あせあせ(飛び散る汗)

鼻水ずびずび言わせながら読みました。あせあせ(飛び散る汗)

軽い気持ちで電車なんかで読んじゃいけません(←風邪ひいてるふりしてごまかした)。ふらふら

他愛もない日常のなか、漠然とした不安感や行き場のない苛立ちを持て余しつつも、恋人や仲間と寄り添いながら東京の片隅で暮らす若者たちを描く青春群像劇。

話自体は結構淡々としてるんですけど、なんか、みょーに泣けてくるんですよ。もうやだ〜(悲しい顔)

なんていうんですかね…、なんていうんでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)

そんな「ソラニン」が実写映画化されまして、試写を観てきました。

ソラニン1.jpg

出演は、芽衣子:宮崎あおい、種田:高良健吾、ビリー:桐谷健太、加藤:近藤洋一(サンボマスター)、アイ:伊藤歩。
原作ファンでも納得なキャスティングではないでしょうか。

かなりグッときたのは、大学生6年やってるデブな加藤を演じたサンボマスターの近藤洋一。

演技は初心者ですが、いい味出してます。
本職と同じく、劇中のバンドでもベース担当。

あと、通称“ビリー”を演じる桐谷健太も良かった!
自身の特技がドラムということで、ちゃんとうまい。演奏シーンに締まりとリアル感が出ます。

漫画内の楽曲「ソラニン」の歌詞にアジカンが曲を付けたり、サントラをストレイテナーのホリエアツシがソロプロジェクト“ent”名義で担当したりと、音楽面でも話題となってますな。

原作漫画でまんまと泣かされたわけですが、映画でもちょいちょい涙腺を刺激されました。

試写室であんまりずびずびするのもアレなんで、堪えましたけど。グッド(上向き矢印)

ちなみに、“ソラニン”とは、ジャガイモの芽などに含まれる毒の一種だそうな。

ぴかぴか(新しい)『ソラニン』は、4月3日(土)より新宿ピカデリー、渋谷シネクイントほか全国ロードショー。ぴかぴか(新しい)

前売鑑賞券の一般券は映画に登場する芽衣子(宮崎あおい)と種田(高良健吾)、ペア券は2人とそっくりな浅野いにお描き下ろしイラストになってますよ!

ソラニン2.jpg
http://solanin-movie.jp/

シネマ担当ユッキー
posted by Staff at 12:36| 東京 🌁| シネマ担当ユッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほじくりかえし

はーどおふ.jpg

■最近はHARD OFFに行くのが楽しい!

で、なんとAKAIのMPC500(ドラムマシーン)を発見!!

異常なほどテンションが上がったが、

値段は40000円弱いろんな葛藤を繰り返し結局諦めました。

多分買わないけど、来週またCHECKしに行く。

あの場所はなんか行きたくなるんです。


番編シブ
posted by Staff at 12:24| 東京 🌁| 番編シブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。