2011年07月15日

新人メタルマニア投稿

popopopon.jpg

今朝、自宅エレベーターで一緒になった人に挨拶したら無視されました。

「おはよう」って言ったら「おはよう」って言うのは誰でもじゃないんですか

こんちくしょう。

どうも、ACっていうと旧公共広告機構より先にAC/DCが浮かぶユタです。

夏フェス〜秋フェスラッシュが気づいたらもうそこまで来てたので
今日は仕事帰りに友人と待ち合わせて予習素材交換。

BOOMBOOMSATELLITES、X JAPAN、ARCH ENEMY、AMARANTHEを貸してHOLLYWOOD UNDEAD、UNDERWORLD、PANIC!AT THE DISCO、TRIVIUMを借りて…

ダラダラ討論会。

討論内容、


ゾンビが最初に走ったのは「バタリアン」と「28日後…」のどちらか?



…全然…音楽関係無い…。

途中から「28日後…」はゾンビ映画に含まれるのか?に議題変わっちゃったし。

個人的には設定上人間だから違うと思うんですけどね。

なんていうか…アラサーの男女が数人で何やってるんでしょうか。しかも酒一切飲まずに。

最近こんなのが多い気がします。

前回の議題は確か…

「ドラゴンボールの実写化をやり直すとしたらキャストは誰か?」だったかな。

ミスターサタン→エディ・マーフィー
フリーザ→ジム・キャリー
ヤジロベー→スティーブン・セガール
チチ→ウーピー・ゴールドバーグ

までは覚えてる。完全な悪ノリ。

…何やってんだかなぁ。

なんか久々の日記でダラダラ長文だけど…
ラジオが壊れたうえに相変わらず部屋にテレビが無いから暇だったわけじゃないですよ、
決して。

あ、ちなみにMJというと
マイケルでもミュージックジャパンでもなく、
みうらじゅんが浮かびます。


運用課ユタ
posted by Staff at 12:20| 東京 ☀| 運用課ユタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

進化するトランスフォーマー

トランズフォーマー.jpg

あわわわ!バンブルビーがリアルクラッシュしとる!
さすがにトランスフォームできなかったか。。

というわけで?
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の完成披露試写(3D上映)を観てきました。
街やらビルやら何やかや破壊っぷりが、んまぁド派手!容赦ござぁせん。
夏のポップコーンムービーとして最高です!
今回は『スター・ウォーズ』や『ターミネーター』的な要素もあるかな。

CG技術ってどこまで進化するんですかね。
すごすぎて、もう動体視力が追いつきゃしませんがな。
やり尽くされた感のあるCG過多の昨今だけど、ハリウッドはまだまだ伸び代持ってんだな〜。

主題歌は前2作に引き続きリンキン・パーク。
PVかっちょいい!
http://www.youtube.com/watch?v=xLYiIBCN9ec

あ〜も〜、バンブルビーかわいいわ〜。
昔は「ナイトライダー」のナイト2000がほしかったけど、今はビーがほしいYO!

男子も女子もでっかいスクリーンで、オートボットに燃え(萌え?)るべし。


『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
7月29日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国超拡大ロードショー
http://www.tf3-movie.jp/

(C)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2011 Hasbro. All Rights Reserved.


シネマ担当ユッキー
posted by Staff at 18:34| 東京 ☀| シネマ担当ユッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

ハンナ 考察

ハンナ.jpg

お世話になっているレーベル、HOSTESS様から試写会の案内をいただいたので行って来ました!

「ハンナ」です。

腕も足もそして顔も長ーい、ブロンド&ブルーアイズの
シアーシャ・ローナンさんが演じるハンナさんが、人里離れた雪山で鹿狩りしてるシーンから始まります。

ハンナの一発の矢が命中するものの、なかなか倒れないで逃げる鹿。

やっと倒れた鹿を見下ろして「心臓、外しちゃった〜(ちぇっ☆)」とガーリーなつぶやきをしつつ、バン!ととどめをさし、内臓をぐちょぐちょえぐり出します。

すると、突然、背後から男がつかみかかってきました!
しばらく格闘する二人。

互角な格闘の末、男は「ちゃんと集中しろ!」などとアドバイスめいたことを言って結局ハンナに「鹿はお前が運べよ!!」と命令。(かなりの重労働!もくもくと運ぶハンナ・・)

まあ、この男がハンナのお父さんであり、師匠?でもあるんですけど、黒髪に茶色い目で、ぜんっぜんハンナに似てません。(伏線)

「もうこんな山ん中にいるのヤダー!外の世界に出たいよー!!」16歳の女子ですからそりゃそうです。

「(ま、そろそろいいかな・・)よしっ!じゃあ、マリッサっていう女を殺して、ベルリンのグリムの家で待ち合わせだ!!」

「やった〜!!♪・・・マリッサね!オッケー☆」

・・・まあ、そんなこんなで「殺人マシーン」として育てられた女の子が町に出て、「友情」「恋愛」「音楽」「家族」なんてものを初めて知っていくっていうお話ですた。
(ニキータ、あずみetc・・・あれ?・・うん、この手のお話、よくあるね・・・)

あと、さんざんハンナとお父さんに関しての謎をちらつかせられるんですが、オチが「えー!そっち方面ですか?!」ってかんじではありました。ちょっと残念でした・・・

ちなみに、見どころは、
マリッサ役のケイト・ブランシェットとマリッサに雇われる変態ゲイの殺し屋、アイザック役のトム・ホランダーです!
あーこの二人、最高にクール〜

そしてそして、
この映画の一番のかっこいい演出が、

ケミカル・ブラザーズのサントラなのです!!!

めっちゃビートの利いたサウンドで逃亡&格闘シーンが彩られていて、わくわくどきどき感が半端なかったとです。

ケミブラの最新作としてもぜんぜんOKなこのサントラ、
8月の「サウンドトラック」チャンネルで放送する予定です!

最近は、「ソーシャルネットワーク」でのNINのトレント・レズナーや「トロン:レガシー」でのダフト・パンク、「ノルウェーの森」でのレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドなどなど、
ロック系アーティストが書き下ろすサントラ(劇伴)が増えてきていますね〜

しかもみなさん、けっこう楽しんで作ってる雰囲気があるんですよね。
いいですね。

http://www.hanna-movie.jp/

劇場で、でかい音で楽しむのがよろしいかと存じます。
8/27から公開です。




番編いまむー
posted by Staff at 11:16| 東京 ☀| 番編いまむー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。